認定看護師 求人 転職

更新日:2017/02/25

保育園の看護師求人早わかりとは


看護師の働く新しい職場として保育園があります。 子供たちの体調管理が仕事の一環としてありますが、子供のお世話等を含めた多くの仕事がありやりがいのある職場環境の一つになります。子供の体調の管理や健康状態の把握を含めて多くの役割がある中保育士との仕事の連携を取りながら子供たちのお世話等も行っていくのです。

保育園での看護師求人はおおくあります。求人先が公表されていないところも含めて多くの求人先を知るのであれば、求人サイトに登録をしておくと今まで働く事の出来なかった求人先を見つけることが出来ます。 子供が好きな方であれば保育園での看護師求人はうってつけの求人情報になりますので早わかりを上手く使い気にった求人先を早い段階で見つけることが出来るようになります。

求人サイトの中でも絞り込みをかけて探していくことが出来るようになるので必然的に求めている求人先が見つかるようになります。 そのため早わかりを上手に使い新しい職場環境で看護師としての仕事を見つけることが出来るようになるのです。 看護師求人も求めれれている分野が多くなり活躍できる職場環境が増えてきている今だからこそ新しい職場先で全く新しい仕事のスタイルを確立することが可能になってきているのです。


転職サイトを利用して希望の職場探し

忙しい時でも転職活動中

 

今が求人の一番多い時期と言われます。

 

不況時代にも強いといわれる病院関連職でも、
今の日本中では、看護師求人に関して、
どこでもナースさん不足が慢性的

 

今は、看護師さんの転職サイトも、続々登場してきています。

 

求人サイトとして歴史と知名度を持つディップが開いている
'ナース人材バンク'は、厚生労働大臣の認可も得ているし、
セキュリティーなどの安心さもあって、人気の高いサイトのようです。

 

ここの評判で上位をしめるサービスが、
キャリア・コンサルタントと呼ばれる、
担当でつくスタッフさんのお仕事ですね。

 

本人が現在の仕事をしている間にも、
さまざまなリサーチを遂行してくれるので、
仕事に支障をきたすことなく、多くの求人情報を入手できますから。

 

でも、いくら大手といっても、
本人と向き合って活動する担当者のみと関わるわけで、
信頼できる担当者が多く居ることが望まれますよね。

 

その点で、
'ナース人材バンク'を体験して転職を完了させたナース間では、
クオリティーの高さが評価されていました。

 

個人での転職活動で、直接対峙しての交渉やリサーチなど、
直接だと聞きづらくて、回避してしまうことが多々あるところを、
本人との面談内容に沿って、必要な項目に対処してきてくれるわけです。

 

大事なのは、公開されていない人気求人が多いようだということですね。
登録後に利用できるサービスにメリットが多いと、
体験者の話しにありました。
希望医療機関への逆指名にも対処してくれているようです。

 

仕事の手を休めることなく、転職先を吟味できる手段を利用して、
新天地を探す方法があるようですね。



認定看護師の求人が…


看護師就職活動について、就職活動中の方の意識調査が某サイトにて2009年に行われていました。少し前ではありますが「就職前に知りたい情報が不足している」と感じている人が9割近くの結果となっています。中でも、職場の雰囲気や人間関係、給与条件や休暇制度など。雰囲気や人間関係も把握しておきたいことはもちろんですが、給与条件などは就職する前に知っておく必要のある内容です。

また、職場の環境ややりがいもある程度は把握しておきたものですよね。以上の結果、職場の実態が就職前に思っていたものと違うと感じた方が8割近く居るという状況になっていました。満足できたのはたったの2割。なかなか厳しい状況ですね。それが転職の理由にも反映されています。優遇の不満や勤務時間の不満など、事前に通知されるべき内容が原因の場合もあるようです。もちろん、このほかにも人間関係がうまくいかなかった場合や、認定看護師・専門看護師のスキルを得られる病院に転職という理由もあるようです。認定看護師求人なども最近では多く見られます。看護師就職活動について、就職活動中の方の意識調査が某サイトにて2009年に行われていました。

少し前ではありますが「就職前に知りたい情報が不足している」と感じている人が9割近くの結果となっています。中でも、職場の雰囲気や人間関係、給与条件や休暇制度など。雰囲気や人間関係も把握しておきたいことはもちろんですが、給与条件などは就職する前に知っておく必要のある内容です。また、職場の環境ややりがいもある程度は把握しておきたものですよね。以上の結果、職場の実態が就職前に思っていたものと違うと感じた方が8割近く居るという状況になっていました。

満足できたのはたったの2割。なかなか厳しい状況ですね。それが転職の理由にも反映されています。優遇の不満や勤務時間の不満など、事前に通知されるべき内容が原因の場合もあるようです。もちろん、このほかにも人間関係がうまくいかなかった場合や、認定看護師・専門看護師のスキルを得られる病院に転職という理由もあるようです。以上を踏まえて、就職する際には確認しておきたいことをまとめて見ました。せっかく就職したのですから、同じ場所で長く勤めたいものですよね。

1.看護師の人数や年齢層出勤している人数に応じて仕事の量も変わりますし、年齢層によって人間関係もある程度予想できるのではないでしょうか。あまりにも年層の違う方ばかりでは、相談相手もなかなか見つけられそうにないですよね。

2.勤務形態交代制度がどうなっているのか。夜勤などの勤労時間もしっかりと確認しておくことが大切です。医療関係の仕事ですので、緊急の場合はやむを得ないのかもしれませんが、ある程度日常のことは就職前に把握しておきたいものですね。緊急時の対応も確認しておいても良いかもしれません。

3.給料について額はもちろんですが、各手当てについても最初にきっちりと確認しておきましょう。最近では、雇う側・雇われる側、双方で雇用契約書を持つ事も法律にあげられていますので、入社時に確認しておくと後のトラブル予防になると思います。



看護師希望の職場探し心強いサポーター

キャリアを積むに従って、環境を換えて仕事をしてみたくなるのは 看護師さんの場合も同じようですね。 刻一刻?と進歩している医療現場を考えると、 現状の職場では最新医療に手を染められないもどかしさが 転職のきっかけになるケースが、最近は多いようです。 でも、 看護師さんの生活状況からくる変化によって、 転職や復職を考える時期に直面するときには 不安がいっぱいですよね。

ネットの「ナース人材バンク」は 看護師専門の求人支援サイトで、 職場情報の取得に高い人気を示しているサイトですね。 給与や勤務体制、常勤やパートなども気になりますが、 転職先の職場環境の雰囲気、上司の様子など、 働く環境に重点を置いていることも、確かなようです。 個人で転職活動をする場合、 直接の面接で、なかなかうまく聞き出せないのが当たり前。

'悔いが残った'というのは、良く聞く話です。 'ナース人材バンク'では、現場の看護師さんとの ヒアリングを繰り返して取得した職場情報も整っているようです。 登録した会員につく担当者は、会員の知りたい項目を、 本人に代わって聞き取ってきてくるし、 逆指名での転職先調査も導入されているサービスもあるようです。 個人の転職活動からくる調査不足や聞き取り不足などは、 転職したとしても、調査不足のところで再び転職、 なとどいうことが起きやすいようです。

'ナース人材バンク'は会員担当の専任コンサルタントが 本人が満足いくまで、 転職活動の実質的なサポートをしてくれるようです。 転職回数の多さは、本人の履歴に不利なものになるものです。 転職希望者にとっても、復職希望者にとっても、 'ナース人材バンク'は、 心強いサポーターを、見方につけているようなものですね。


義父の介護で退職しましたが、負担の軽い外来に入職して、介護と両立しています

義父の介護で退職しましたが、軽度なので看護師の仕事と並行することにしました。外来なので夜勤もなく、作業も軽いので両立できています。

性別:女性
職業:看護師
年齢:41歳
年収または月収(転職前・転職後):時給約2100円
職種:医療関係
転職方法(業者):ナース人材バンク


▼義父の介護で退職
結婚をしてからだいぶ経ちますが、私たち夫婦の間には子供がいませんので、これまでずっと共働きをしてきました。もし妊娠をしたら私が産休に入るか、退職をして子供の手が離れたら改めて別の職場を探すことを二人で決めていましたが、気がつけば赤ちゃんを授からないまま年齢を重ねていました。普段は子供の話をしないのですが、私が35歳を過ぎたころにふとその話題になって、専門のクリニックに二人で行こうかという話し合いをしていたところ、義理の父の介護をすることになりました。

▼介護と並行して看護師復帰
本来であれば産休でもっと早く仕事を離れるはずだったので、介護という違う形ではありますが、前の職場を退職することに大きな抵抗はありませんでした。介護といっても重度なわけではありませんし、これまでの看護経験からいっても負担が軽い方だと思います。しばらく介護にあたる生活を続けていたのですが、このくらい軽度なら看護師の仕事と並行することもできると判断し、夫と義父とよく話し合った上で、週3日ほどの短い時間ではありますが働くことを決めました。

▼病院の外来勤務
時間を有効活用したかったので、自分で仕事を探すより転職サイトのお世話になることにしました。ナース人材バンクに登録をし、初めのうちは掲載されている求人から探そうかと思ったのですが、結局キャリアコンサルタントさんにお願いすることにしました。介護をしている時間に転職のプロが求人を探してくれるのですから、無料で利用できるなんてありたがいですね。勤務時間以外には、できれば家が近い方がいいことなどをリクエストしました。

紹介していただいた求人の中で最もいいと思ったのは、病院の外来です。夜勤がある職場で日勤だけを短時間やらせてもらうとなると、他の方はがんばって働いているのに自分だけラクをしているような肩身の狭い思いがありますが、外来なら時間がくれば閉まってしまいますので勤めるこちらも気がねがいりません。複数の案件をご紹介していただいた中で、外来の求人の面接を受け、その中で自分も働いているところをイメージできるかを基準に見学しました。あとは担当の方とお話をしたり職場環境の雰囲気やそこで働くナースたちを見て決めました。

▼体の負担も軽い
実際に勤務を開始してみると、思った通りとても働きやすい職場でした。外来なので、体に大きな負担をかける作業はほぼありませんから、体力的に余裕があります。自宅に帰れば義父の介護が待っているので大変ではないかと言われることもありますが、逆にいい気分転換になっています。

私たち夫婦には子供ができませんでしたし、もう年齢的に難しいかとあきらめていますが、それはそれでよかったと思っています。もし子供がいたら、義父の介護をすることは難しかったはずだからです。こうして看護師の仕事と並行できるのは、ナース人材バンクに紹介していただいた仕事が負担の軽いものだからです。子育ては女性にとって大変な仕事なので、介護と両立していけたかと考えたら、到底私には無理でした。義父の状態がまだ軽度だからかもしれないのですが、毎日の暮らしの中でちょっとした仕草やクセなどが夫に似ているのを見つけると、少しくらい大変なことがあっても心がほっこりし忘れさせてくれます。このような時間が少しでも過ごせていることに、今は感謝しています。 "


このページの先頭へ戻る